「緩んだ蓋」の詳細

一言で言うと、真衣はずぼらな女だった。その明るい大らかさに、僕は癒されていたはずなのに――一緒に暮らし始めると、彼女の無神経さは徐々に僕の神経を苛立たせた。 彼女を『片付けて』しまった後も、彼女の気配だけがいつまでも付きまとう。それは僕の日常をじわじわと浸食していった。
24hポイント 0pt
小説 20,420 位 / 20,420件 ホラー 699 位 / 699件
登録日 2016.03.19