記憶のかなた

αという第2の性に辟易としていた、プロハンドボール選手のお話。_ハンドボールを続けているのは、昔会った大切な人を探すため_
〇10年前1度だけ試合をしただけのたった1人のサイドプレイヤーが、忘れられないαの柊真。他人に執着をみせない柊真がずっと探し続ける名もないサイドプレイヤー。柊真には自分がなぜあの人を探し続けるのかも、自分が抱くこの感情も分からないままで…
※受け攻めどちらもハンドボール大好き人間(無自覚)。ルールや世界観はふんわりゆるゆるです…
※ゆっくり投稿(^^)作者は誤字・脱字の病気です。優しい目で見てください←
24hポイント 28pt
小説 21,476 位 / 144,442件 BL 4,576 位 / 16,476件