碧いウミのきらめき

転校続きで友達を作らなくなった私・佐々コハク。退屈な中三が始まると思っていた矢先、コハクのクラスに、彼・永遠乃ウミは現れた。笑うと碧いきらめきのこぼれる彼に、徐々に心を開いていくコハク。ある日、彼の屋敷を訪ねたコハクは、宝石を口にするウミの姿を目撃する。何とウミは、元は宝石だった。しかも彼には、かつての持ち主の強い願いを叶えない限り、本当の人にすらなれないという呪いがかけられていた。コハクはウミの呪いを解こうとするが、ウミはその願いを教えようとしない。果たして、ウミの願いとは? そして、ウミは人になれるのか? これは、おとぎ話を読まなくなったあなたに贈る、おとぎ話。
24hポイント 0pt
小説 73,613 位 / 73,613件 恋愛 19,055 位 / 19,055件