月並みニジゲン

「僕には、涙の色が見える」
 特殊な能力を持っていることを公言しては、同級生から変わり者扱いをされてきた少年、
 鈍条崎ルチカ(にびじょうさきるちか)。
 高校では、素敵な出会いがあるといいな。
 そんな希望を抱え、迎えた入学式。
 ルチカには願いどおり、ある少女との出会いが訪れる。
 はじめて自分の能力を信じてくれたその少女は、ルチカも知らない、特別な色を持っていた。


※完結しています。読んで下さった皆様、どうもありがとうございました。
※他サイト様にも、同小説を投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 63,497 位 / 63,497件 青春 3,056 位 / 3,056件