君のための色


 目を開けるという行為で世界を認識する。
 初めに"見た"のは黒の中に赤が混じったような、不思議な色の瞳の人間。
 初めて"聞いた"のは深く心に響くような優しい声。
「応えてくれて、ありがとう」
「君が僕を喚んでくれたの?」
「あぁ。俺と契約してくれる?」
「君が必要としてくれるなら」


 人間が大好きな精霊と勇者候補生のお話。
 勇者候補生×精霊です。
『勇者かける』に投稿予定でしたが、長くなったので分けました。

 誤字脱字、できる限り気をつけてはいますが、素人作品です、ご容赦ください。
24hポイント 7pt
小説 23,994 位 / 105,194件 BL 4,555 位 / 10,624件