八十五歳、一人ぼっち。

五十余年連れ添った夫に先立たれ、一人残された寂しさを噛み締める日々。一人になって初めて知る想いと消える事のない想い。

八十五歳となった今、周りの皆からしたら、ただの厄介者。けれど私は、まだ生きている…。
24hポイント 0pt
小説 50,678 位 / 50,678件 現代文学 2,048 位 / 2,048件