あなたに一人は、似合わない。

黒田銀次、七十歳。愛する妻にも先立たれ年金暮らしの余生を一人虚しく送る。

ある時、初めての入院生活を送るはめになる。ついに死を意識せざるを得なくなった状況に、突如、聞こえて来た一人の淑女の声。

それは、もう退化しかないと思っていた老後に起きた奇跡の始まりだった…。
24hポイント 0pt
小説 48,573 位 / 48,573件 恋愛 11,554 位 / 11,554件