泣き虫の小鬼、オニオンくん

 生まれつきみんなより角の数が多いオニオン君。さいきん角の事でからかわれることが多くなってきました。学校の豆入れチームの仲間からも、去年の豆入れ大会で自分の角に豆が当たって点を入れられてしまったことをいまだにからかわれて傷ついています。
 ある日学校からの帰り道、不思議なおじいさんと出会います。おじいさんは『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』がもうすぐ見られるよ、と教えてくれます。オニオン君はお母さんにそのことを伝えようとしますが、逆に知らない人と話すなんて、と叱られてしまいます。
  豆入れ大会に向けて、練習にも熱が入るなか、先生から今年のカゴ鬼はオニオンくんとわたさんにやってもらえないか、と話を向けられて戸惑います。
 実は先生は、二人の様子を観察していて色んな事を考えていたのです。
 豆入れ大会の前の日に『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』が出て、「角に豆が当たりませんように」とお願いするオニオン君。
 豆入れ大会当日はいいお天気に恵まれて絶好の豆まき日和です。
 小鬼村豆入れ大会の始まりです。
 
 ちょっと不思議な小鬼の村の世界を描いてみました。
 


24hポイント 0pt
小説 91,958 位 / 91,958件 児童書・童話 1,811 位 / 1,811件