又聞きの八市 ~野盗の頬白~

江戸が舞台のミステリー時代小説。

質屋の次男坊にして美丈夫の八市は、通称「又聞きの八市」を名乗り、江戸のあちこちで消息を得ては小銭を稼いでいる。そんな彼の元へ、今日も事件が舞い込み…?

相方が水戸黄門に出てくる「風車の弥七」を間違えて「又聞きの八市」などという謎キャラを生み出してしまったのが面白かったので、書いてみました。

殆ど思いつきのネタなので割と雑ですが、お楽しみいただければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 121,665 位 / 121,665件 歴史・時代 1,409 位 / 1,409件