翡翠堂の店主

 大学を卒業したばかりの、花田未知(はなだみち)が選んだのは、亡くなった祖父の遺産である、古書店「翡翠堂」を継ぐことだった。
全く客のこないその古書店に、ある時から樺山将典が(かばやままさのり)が通い始めた。
しばらくして、話をする仲になった未知に、将典は自分の目的は、本ではなく未知だと告げてくる。
多分に性的な目的で見ていると言い出した将典に、未知は・・・。
24hポイント 0pt
小説 148,343 位 / 148,343件 BL 17,062 位 / 17,062件