小さな国の王子と終わらない戦争

この世界のどこかに、小さな国がありました。
まだ出来たばかりのその国は、隣国との縄張り争いが続き、戦争が耐えませんでした。

この国の王様はとても負けず嫌いで、国のため、自分のために好んで戦争をしました。

やがて王様は結婚をして、1人の男の子を授かりました。
しかし、王子が生まれても、王様は戦争ばかり行いました。

小さな国は少しずつ発展しましたが、王様と家族の間には、深い溝ができるのでした。
24hポイント 0pt
小説 125,558 位 / 125,558件 絵本 530 位 / 530件