転生してギルドの社畜になったけど、S級冒険者の女辺境伯にスカウトされたので退職して領地開拓します。今更戻って来いって言われてももう婿です

『ブラック企業の社畜」ならぬ『ブラックギルドのギル畜』 ハルトはふとしたきっかけで前世の記憶を取り戻す。

 ギルドにこき使われ、碌に評価もされず、虐げられる毎日に必死に耐えていたが、憧れのS 級冒険者マリアに逆プロポーズされ、ハルトは寿退社(?)することに。
 前世の記憶と鑑定チートを頼りにハルトは領地開拓に動き出す。

 ハルトはただの官僚としてスカウトされただけと思っていたのに、いきなり両親に紹介されて——


 一方、ハルトが抜けて彼の仕事をカバーできる者がおらず冒険者ギルドは大慌て。ハルトを脅して戻って来させようとするが——


 ハルトの笑顔が人々を動かし、それが発展に繋がっていく。
 色々問題はあるけれど、きっと大丈夫! だって、うちの妻、人類最強ですから!



※中世ヨーロッパの村落、都市、制度等を参考にしておりますが、当然そのまんまではないので、史実とは差異があります。ご了承ください

※カクヨムにも掲載しています。現在【異世界ファンタジー週間18位】
24h.ポイント 6,329pt
小説 266 位 / 186,095件 ファンタジー 49 位 / 41,607件