俺の惑星は宇宙一!目指すは評価星五つ!

神が一つの惑星を管理する世界。
発展途上の惑星『イノス』を管理する神、クラウスは怠惰な性格から二千年の間、星を放置していた。
そのためイノスの文化は他の惑星に比べて発展が遅かったが、クラウスは気にする様子もなかった。

ある時、兄貴分の神、ウェルナーに起こされ、ウェルナーが管理する惑星、『アース』へ観光へ向かった。
アースに住う人々は日々を一生懸命に、また楽しく過ごしていた。
そして、その後自分の管理するイノスへ向かうと、アースに比べ発展の遅れが目立っていた。
しかし、イノスに住う人々は優しく、心温まるような雰囲気を持つ人ばかりだった。

クラウスはアースに住う人のような娯楽や生きがいをイノスの人々に知ってもらいたいと思い、やる気を出している時、ウェルナーにより2500年に一度の惑星評価が迫っていると聞かされ…。


ぐーたら神様の惑星発展物語。いざ、目指すは星五つ!

ーーーーーーーーーーーーーーー


のんびり書いていきますので、よかった楽しんでください。
24hポイント 0pt
小説 95,783 位 / 95,783件 ファンタジー 26,032 位 / 26,032件