パーティ会場で婚約破棄を言い渡されましたが、その内容を聞き間違えたようです

私、侯爵令嬢のシェリル・パーセルです。
根暗な私は社交界を避けていたのですが、ある日、姉の代理という形でパーティに参加することになりました。
そこには、私の婚約者であるアイザック・ライデルもいました。

そして、パーティが始まるとアイザックは、壇上に立って何か言い始めました。
しかし、私は料理を食べるのに夢中で、彼の話をあまり聞いていなかったのです。

……あれ?
気付けば周りの人たちの視線が、いつの間にか私に集まっています。

えっと、彼、何か言っていましたか?
なんか……、こんにゃくを廃棄するとか言っていたような……。

捨てるくらいなら、まぁ、私が食べますけれど……。

※こちらの作品は、旧作を加筆、修正しての再掲載となります。
24hポイント 142pt
小説 8,080 位 / 144,663件 恋愛 3,877 位 / 45,285件