深夜の白魔術師

元医大生の赤城拓哉は一人のチンピラに追われていた。
横浜のある交差点で揉めている際にチンピラは銃で胸を撃たれ、撃った男はニヤリと笑い去っていた。
拓哉は直ぐに救急車を呼び、付き添いで病院に行く。
だが、そこには当てに出来ない研修医しかいなかった。
このままではチンピラが死んでしまう。
拓哉は医者を名乗り手術する事を決意する。
24hポイント 285pt
小説 2,442 位 / 41,281件 ライト文芸 55 位 / 1,398件