さくらのしたで

世界観を同じくする連作の六話目。これ単独でも楽しめると思います。

桜の季節が過ぎた後、それでも桜は咲き乱れる。
刑事・武田春樹が桜の下で出会ったのは、一人の少女だった。

この作品は他サイトでも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件