第五皇子の専属メイド

ヘーデは「とある目的」のため、横柄で色事を好むと噂の第五皇子アキルスの専属メイドとして王城で働くこととなる。
ヘーデはアキルスと関わっていくうちに、「どうでも良かった。どうなっても良かった」筈のアキルスに情が湧いてしまい…
24hポイント 7pt
小説 20,069 位 / 73,860件 恋愛 7,442 位 / 19,154件