君にすくわれた僕は。

非の打ち所がない優等生の少年・速水静流は、憧れの名門校・阿川学園に入学した。
そして生徒会長の保科洋介に入学式草々一目ぼれ、自分も生徒会に入ってお近づきを狙っていた。
しかし、同級生で問題児の蒼城紫苑と出会ってから、静流の運命が変わった。
紫苑に関わって以来、ろくなことがない。めがねは割られる、生徒会にいられなくなる。何よりショックだったのは、「好きだ」と告白されるなり犯されたことだった。
静流は自分の嫌いな問題児である紫苑に、決して心を開こうとはしなかった。だが結局なんとなくしてやられたという感じで二人は周りも公認のカップルとなるが、争いは絶えない。
2人は高校3年間をともに過ごし、ともに受験を乗り越え、晴れて同じ大学に入学するが、そのころから2人の歯車は微妙にずれ始めていた・・・。

あらすじはシリアス気取りですが、高校生カップルの日常。基本らぶらぶ。

表紙はきよさく様
24hポイント 0pt
小説 91,555 位 / 91,555件 BL 9,011 位 / 9,011件