機械仕掛けの心臓


ロボーという万能精密機器が西洋から我が国に導入され始めた頃、敵との戦いで死にかけた執事の朔弥に心臓の役割を果たすその機械を埋め込み蘇生をしたが、命を取り留めた朔弥は感情をなくしてしまった様だった。

機械仕掛けの心臓をもつ様になった執事と彼を守ろうとする主人の切ない物語。

オッドアイシリーズのスピンオフです。
24hポイント 0pt
小説 79,503 位 / 79,503件 ライト文芸 3,657 位 / 3,657件