記憶屋さん

「僕」はいつもひとりぼっちな小学生でした。放課後はいつも、森の奥にある神社に行きました。ある日神社に、見知らぬ男性がいました。
24hポイント 0pt
小説 128,542 位 / 128,542件 現代文学 5,443 位 / 5,443件