裏と表の内密事情

「世の中、金だ。金が、あれば何でも買える」この考えがこの世界では普通だ。そして、この俺が住む國、この黒き國日本も金で全てが回っている。日本は裏社会で成り立っていると言っても過言ではない。表社会など、わずかしかないのだ。俺の親はまだ、俺が生まれてすぐには悪い借金とりに殺されたらしい。そして、俺は殺し屋の組織に拾われた。そうして、俺はこの組織で一流の殺し屋として育てられた。今では、組織の中でもかなりの殺し屋だ。ずっと、殺し屋として育てられたので学校なんか言ったことない。だが、ある日、組織の長が15歳の誕生日に高校に入ることを言ってきた。そう、高校に入れることが誕生日プレゼントらしい。そして、俺は表はただの学生、裏は一流の殺し屋という二つの裏と表の顔をかぶるようになった。ここから、俺のすこしめんどくさい学校生活と、今まで通りの殺し屋の生活がはじまった。
24hポイント 0pt
小説 53,499 位 / 53,499件 経済・企業 142 位 / 142件