青とは気持ちのひとつ

BLUEシリーズ。
各章、独立した話です。
どこから読んでも差し支えありませんが、古い順に載せていきます。
表紙はBLUE JOKEから抜枠しています。


☆Maybe blue☆
リーマンもの。相原真沙也(あいはらまさや)は夜の街で、ホストクラブ『グレイスガーデン』のオーナー、吉野雅人(よしのまさと)に出会い、ホストにならないかと誘われた。吉野雅人からはゲイだと告げられ、流されやすい自分に危険を感じるが、その事を会社の先輩、滝川総一郎(たきがわそういちう)に伝えると……どうなるねん。というお話。

☆psychedelic blueーサイケデリック ブルー☆
ショートショートなのでお気軽に。
松川碧生(まつかわあおい)は自分の性癖を隠して生きてきたが、ある日、『根なし草』になって自分に正直に生きようと、すべてを捨てて、住んでいた街を飛び出した。
偶然出会ったのは吉野雅人(よしのまさと)。「ホストクラブで働かないか?」と聞かれて。

☆RED AND BLUE☆
吉野雅人が、また一人の無口な男をホストクラブ『グレイスガーデン』に連れて来た。
ドラァグクイーン(女装家)でNO2のホスト、嵯峨野 涼(さがのりょう)は、彼はこの店に向いていないと思いながらも……。

☆BLUE JOKE☆
スコンお兄ちゃん、直太(なおた)は、ひょんなことから、妹達のバレーボールを教えるコーチになってしまう。そこに現れた監督、須賀原清春(すがわら きよはる)と出会ってしまい……。

米国では青色は卑猥なイメージを連想させる色のようですが、タイトル通りの話になるんでしょうか…。
24hポイント 7pt
小説 31,564 位 / 144,190件 BL 6,698 位 / 16,455件