婚約破棄してくれてありがとう、王子様

「ジュエル・ノルデンソン!貴様とは婚約破棄させてもらう!!」

そう、僕の婚約者の第一王子のアンジェ様はパーティー最中に宣言した。
勝ち誇った顔の男爵令嬢を隣につれて。

僕は喜んでいることを隠しつつ婚約破棄を受け入れ平民になり、ギルドで受付係をしながら毎日を楽しく過ごしてた。
ある日、アンジェ様が僕の元に来て……
24hポイント 85pt
小説 11,506 位 / 144,254件 BL 2,473 位 / 16,468件