名探偵シャーロット・ホームズの冒険譚

古き良き時代。
街角のガス灯が霧にけぶる都市の一角、ベイカー街221Bに住んでいたシャーロット・ホームズという名探偵がいた。
この文書は、その同居人であり、パートナーでもあった医師、ジェームズ・H・ワトスンが後に記した回想録の抜粋である。
24hポイント 0pt
小説 58,964 位 / 58,964件 ミステリー 1,524 位 / 1,524件