冷たい林檎〜父親に犯され続けた少女〜

「ねぇ、先生?私人を殺しました。どうしたらいい?」それは、教師をしてる小早川にある生徒からきた電話が始まりだった。
 小島遥香は、会社員をしている父·欣二とふたり暮らし。母親が亡くなり、1年が過ぎたある日。友達と遊んていて帰りが遅くなった遥香は、父親にぶたれてしまう。
 泣きながら謝り続け、その場は収まったかに思えたが、以来遥香は、約束をきちんと守っているのにもかかわらず、欣二から腕や腹をつねられたり、どつかれるようになった。
 夏になり、学校も夏休みに入ろうとした日の深夜、身体の上に酒臭い息を吐きながら欣二が乗っているのに気付いた遥香は、暴れ叫ぶが···
24hポイント 21pt
小説 21,512 位 / 128,080件 現代文学 271 位 / 5,429件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

本音は寝て言え~寡黙な悪役令嬢は寝言で本音を漏らす~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:108368pt お気に入り:4665

ちいさなお·く·ち

現代文学 / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:50

冒険者生活20年 おっさんの底辺脱出記

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1989pt お気に入り:354

小児羞恥プレイ症候群

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1022pt お気に入り:137