夜に鳴く蝉

 一日に12時間、決まった時刻に絶対眠る奇病『空蝉病』が蔓延する日本。その片田舎で、治療という名の病院生活を送っていた僕は、ある夜彼女と出会った。
 夕暮れに起きる僕と、夜明けに目覚める彼女。二人が会える時間は、一日に15分。その間だけの関係だと思っていた。彼女に旅に誘われるまでは。

 夜に鳴く蝉はいつ眠るのだろう。それとも眠らないのか。
24hポイント 0pt
小説 84,522 位 / 84,522件 ライト文芸 3,728 位 / 3,728件