キミの秘密も愛してる

恋人からの暴力に傷つく私が、ある晩偶然に出会ったのは、
名前も教えてくれない年下の男の子だった。
彼の秘密と恋人の執着に怯えながらも、惹かれていく心は……止められない。

あなたは誰ですか。
どうして私の前に現われるの。
私のこと、本当はどう思っていますか……?

厳しい状況の中、不安に怯える心は次第に彼でいっぱいになって……


※『それでもキミに恋をした』の真実視点です。
 個別にお楽しみいただけますが、あわせて読んでいただけば、それぞれの心情がより理解できるかと……
 よろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 121,768 位 / 121,768件 ライト文芸 5,085 位 / 5,085件