ずっとキミを好きだった

放っておけない
私が支えなくちゃ
それが私の役割だから、義務だから……

そんな理由、全部建て前でしかなくて、本当はただ傍にいたかっただけ――

近すぎてなかなか気づけなかった想いを自覚した時、
その目はすでに遠くを見ているとわかった。

視線の先にいるのは……誰?


※『キミの秘密も愛してる』『それでもキミに恋をした』のひとみちゃん視点です。
 個別にお楽しみいただけますが、あわせて読んでいただけば、それぞれの心情がより理解できるかと……
 よろしくお願いいたします。
24hポイント 28pt
小説 19,216 位 / 120,635件 ライト文芸 323 位 / 5,044件