海原に浮かぶ金剛石

時は大正時代。日本は検査どころか抑制剤もなく、オメガは虐げられていた。
そんな時代の最中、造船業を営む家系に生まれたオメガの芳岡 遼祐は、貿易商の資産家である天堂家と政略結婚していた。アルファで旦那の光隆と番を望んではいるものの、一向にその気配はみられない。それどころか、光隆は遼祐を陥れようと目論んでいた。悲観にくれた遼祐は入水しようとした所を、抑制剤の輸出に日本を訪れていた獣人のルアンに助けられる。
オメガとして生まれたことを嘆く遼祐に、ルアンは厳しくも優しく諭す。
次第に惹かれ合うも、互いを想うばかりにすれ違いが生じてしまうーー

24hポイント 7pt
小説 33,950 位 / 140,007件 BL 7,102 位 / 15,829件