桜の樹の下、眠り姫の春

京極姉妹のある春の日のストーリー。

裏月は久しぶりの帰省で実家に戻っていた。彼女は友人たちと触れ合う中で、改めて妹の大切さを認識するのだった。

月姫は姉の帰省から自身の梲あがらない日常を思い知らされて陰鬱な気持ちになっていた。父親の所在もわからず途方に暮れる彼女の前に、記憶にある女性が手を差し伸べるが……。
24hポイント 56pt
小説 7,295 位 / 53,743件 ライト文芸 207 位 / 2,296件