【R18】【本編完結済】ロールキャベツ系彼女とツンデレ(後々)彼氏

「俺は、つがいなんて要らない」

何か闇を抱えた高校生売れっ子画家の神崎悠(16)と“運命の番”の相手であるお嬢様の永冨雅(15)。

悠の抱える闇に立ち向かい、結ばれるために奮闘するお嬢様の物語。



初めてアルファポリス様で投稿させていただきます、米粉パンと申します!

ヒマを持て余し過ぎて小説漁ってたら女α×男Ωにハマってしまいましたので、書きます(唐突)

R18書くのは初めてなので少し緊張ですが、私の性癖詰め込む予定です(年齢制限守りましょうね)コソッ

Rシーンは※付けます

1日2回(6時・18時)更新がんばります!

この作品はフィクションですので、実際の企業・団体などとは関係がありません。
24hポイント 7pt
小説 24,743 位 / 105,719件 恋愛 10,604 位 / 29,883件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!