Arielへいらっしゃい

バイトに勤しむ彼には密かな夢があった。
それは将来、自分のお店を持つ事。
特別な才能はないが、色んなお店でバイトをして経験を積んでいた。

そんなある日。彼のもとに祖父の訃報が届く。
そして、それが全ての始まりだった。

死んだ祖父が遺した一軒の家。
半ば強引に引き継がされ、半ば強引に自分の夢が叶う事になったのだが・・・。

働く全ての方へ。
今日も『cafe&bar Ariel』は営業中です。
24hポイント 0pt
小説 63,854 位 / 63,854件 ライト文芸 2,450 位 / 2,450件