記憶喪失のふりをしたら後輩が恋人を名乗り出た

【BLです】
「俺と秋さんは恋人同士です!」「そうなの!?」

 無気力でめんどくさがり屋な大学生、露田秋は交通事故に遭い一時的に記憶喪失になったがすぐに記憶を取り戻す。
 そんな最中、大学の後輩である天杉夏から見舞いに来ると連絡があり、秋はほんの悪戯心で夏に記憶喪失のふりを続けたら、突然夏が手を握り「俺と秋さんは恋人同士です」と言ってきた。
 もちろんそんな事実は無く、何の冗談だと啞然としている間にあれよあれよと話が進められてしまう。
 記憶喪失が嘘だと明かすタイミングを逃してしまった秋は、流れ流され夏と同棲まで始めてしまうが案外夏との恋人生活は居心地が良い。
 一方では、夏も秋を騙している罪悪感を抱えて悩むものの、一度手に入れた大切な人を手放す気はなくてあの手この手で秋を甘やかす。

 あまり深く考えずにまぁ良いかと騙され続ける受けと、騙している事に罪悪感を持ちながらも必死に受けを繋ぎ止めようとする攻めのコメディ寄りの話です。

【主人公にだけ甘い後輩✕無気力な流され大学生】

 反応いただけるととても喜びます!誤字報告もありがたいです。
 ノベルアップ+、小説家になろうにも掲載中。
24hポイント 269pt
小説 5,449 位 / 148,954件 BL 1,190 位 / 17,184件