ふたりとも右手には傘

雨粒が降り頻る中、傘をさして歩く


ある程度歩いたところで靴下が濡れてきた


そういえばこのスニーカー穴があいていたんだった。
24hポイント 0pt
小説 140,420 位 / 140,420件 エッセイ・ノンフィクション 4,939 位 / 4,939件