宝剣の精霊と添い寝皇女

宝剣に神力を注ぐ添い寝の巫女としての仕事をまっとうするため、未婚のまま一生を終える予定の第七皇女エイレーネー(26)。ところが彼女を妻に迎えたいと隣国の国王が言い出し、政治的な都合から嫁に行くことが決められてしまう。国を出ることはすなわち、建国以来この国を守ってきたとされる宝剣の巫女の座をおりること。美しい宝剣を愛でていたエイレーネーは、嫁ぐ前に自分の神力を全て宝剣に捧げるべく、交わろうとして――

※ムーンライトノベルズ先行掲載中。pixivでも公開予定。
24hポイント 0pt
小説 140,798 位 / 140,798件 恋愛 43,663 位 / 43,663件