少年野球で知り合ってやけに懐いてきた後輩のあえぎ声が頭から離れない

少年野球で知り合い、やたら懐いてきた後輩がいた。
ある日、彼にちょっとしたイタズラをした。何気なく出したちょっかいだった。
だがそのときに発せられたあえぎ声が頭から離れなくなり、俺の行為はどんどんエスカレートしていく。
24hポイント 7pt
小説 31,335 位 / 144,185件 BL 6,649 位 / 16,455件