俺の乳首が世界滅亡のスイッチってどういうコトだ!?

俺の乳首が世界滅亡のスイッチ!?

魔王はそう言って唐突に俺を浚って行った。
どうやら俺は「世界」らしい。
いや、本当にどういうことだ??

魔王に侵略された俺の部分が疼いて、魔王の侵略を受け入れてしまう俺。
だけど俺は信じていた。
大切なあいつが、俺を助けるヒーローになってやって来てくれることを――

(BL大賞に投稿したくて、30日に書き始めました。ギリギリ、31日中になんとか形になりました……)
(時間が許せばもう少し濡れ場を増やしたかったです)
24hポイント 7pt
小説 24,752 位 / 99,745件 BL 4,641 位 / 9,892件