ひと夏の経験

ヤクザの家に生まれた義景(14歳)は、物心をついた頃から子守役の城塚(31歳)に恋心を抱いている。けれどその気持ちが成長するにつれマイノリティだと自覚した義景はその気持ちを押し殺していた。が、終業式の日にクラスメイトから迫られたのをきっかけに、城塚への気持ちが更に増してしまう。そんな夏休みの1日目、義景は城塚に足の爪を切って貰っていたが、深爪して指先から血が出てしまう。その指を城塚に舐められてしまい・・・
24hポイント 14pt
小説 16,261 位 / 79,524件 BL 2,708 位 / 7,251件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!