イケメンな魔法使いが異世界から私をさらいにきました。


「ようやく見つけた、俺の番」そう言って私を抱きしめてきたのは超絶美形の魔術師様だった。

って、私裸なんですけど!?

「離れてっ!!」と強気にビンタしてやれば、「あぁ…俺の頬に触れてくれた、うれしぃ」と言って再びぎゅうぎゅうと抱きしめてくるような変人で番大好きのヤンデレ野郎だった。

番から1秒たりとも離れたくない男と、そんな暑苦しい男を鬱陶しく思うも徐々に絆されていく少女の物語。


※後半になるにつれシリアス展開
最後はハッピーエンド

投稿は不定期ですが、直ぐに終わりそうなのであまり心配はいらないかと思います。

1話1500文字ほど
24hポイント 21pt
小説 17,230 位 / 105,194件 恋愛 7,468 位 / 29,589件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!