上 下
55 / 66

55話 悪役は去っていく

しおりを挟む
しおりを挟む

あなたにおすすめの小説

婚約破棄した上に、私を無能だとこき使った婚約者と愛人は…何もかも失ってしまいました。

coco
恋愛
婚約者が愛人を作った事で、婚約破棄された私。 しかも、魔力が無い事で無能と言われ…使用人としてこき使われてしまい…?

腐男子であってホモじゃない!(R18)

腐男子梛魏
BL
腐男子の高校二年生田宮 翔太。 今人気のBLゲーム『ヤンデレ☆彼氏』にどハマリ。 いつも通りの帰宅中に非通知から電話が鳴る。 それに出た瞬間目の前が真っ暗に! 最後に通話越しで聞こえたのは、【ニゲロ…】 自分の声に似ているような気がしつつも目が覚めると… ヤン彼のモブキャラになっていた…! 翔太は、ここぞとばかりに腐腐腐…としていたが…あることがきっかけで主人公はヤンデレ達に愛されるルートばかり進んでいくことに (※回避ルート無し)

【短編】農夫の僕が騎士様を救うために奇跡を起こす物語

cyan
BL
小さな村で農夫をしているシルフはある日、騎士のレグナーと出会う。 二人は仲良くなって恋人になったが、レグナーは戦争に行ってしまった。 初めてキスをして、その続きは帰ってからといったレグナー しかし戻ってきたのはレグナーのドッグタグとボロボロの剣。 絶望するシルフは奇跡を起こせるのか? 少しシリアスなシーンがありますがハッピーエンドです。

運命のあなたへ、私と離婚してください 〜小公爵の妻と生真面目な夫〜

I.Y
恋愛
「好きだけど自由でいてほしい。自由でいてほしいけど傍にいてほしい。矛盾してるわ」  カトラン帝国、由緒正しきディシュタルト公爵家の後継者、ベネデッタ・フォン・ディシュタルト小公爵は、夫婦の寝室でひとり、そう呟いた――。 「俺は、愛してもいないあなたと初夜を過ごしたくはありません」  マティルダ公爵家次男アトラス・ティン・マティルダは、妻となったベネデッタに向かって、そう言った――。  ディシュタルト公爵家の小公爵になる条件として、貴族男性、アトラスとの結婚を掲げられたベネデッタ。  いつかのパーティーにて、アトラスに一目惚れした彼女は突如として舞い降りた〝チャンス〟を迷いなく手にした。  一方、アトラスは、カトラン帝国の未来のため、そして家門の存続のために、名門貴族の後継者ベネデッタと結婚することを余儀なくされる。  アトラスにはほかに想い人がいたが、その想い人と自身の兄であるマティルダ小公爵が縁談を進めると聞き、絶望に苛まれたまま、ベネデッタと結婚した。  読めないベネデッタに翻弄されるアトラス。  生真面目で冷たいもののどこか可愛らしいアトラスに惚れ込むベネデッタ。  夫婦仲は冷えきっていたはずだったが、様々な出来事を通してふたりの仲は徐々に深まっていく。ふたりの間に交差する愛はなかったのに、運命の歯車は急速に回り始める。  遠いようで近い、近いようで遠い、拗れて、すれ違って、それでもなおそれぞれの形で互いを愛そうとするふたりの物語。 ☪︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈☪︎ ☪︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈☪︎ ―必読― ◆当作品はフィクションです。現実の人物、団体などとは関係ありません。 ◆当作品は恋愛小説です。 ◆「離婚」と謳ってはいますが、最初は結婚生活から始まります。 ◆R18に該当する直接的な表現はございませんが、間接的な表現はございます。 ◆ 作者並びに作品(登場人物等)に対する〝度の過ぎた〟ご指摘、〝明らかな誹謗中傷〟は受け付けません。 ⇒現在、感想欄を閉鎖中です。 ◆ 作品の転載、明らかな盗作等に関しては、一切禁止しております。 ◆カクヨム様・小説家になろう様にも掲載中です。 以上、自衛をよろしくお願いいたします。

聖獣がなつくのは私だけですよ?

新野乃花(大舟)
恋愛
3姉妹の3女であるエリッサは、生まれた時から不吉な存在だというレッテルを張られ、家族はもちろん周囲の人々からも冷たい扱いを受けていた。そんなある日の事、エリッサが消えることが自分たちの幸せにつながると信じてやまない彼女の家族は、エリッサに強引に家出を強いる形で、自分たちの手を汚すことなく彼女を追い出すことに成功する。…行く当てのないエリッサは死さえ覚悟し、誰も立ち入らない荒れ果てた大地に足を踏み入れる。死神に出会うことを覚悟していたエリッサだったものの、そんな彼女の前に現れたのは、絶大な力をその身に宿す聖獣だった…!

地下牢で育てられた双子の妹は、姉を虐殺され復讐鬼となる。

克全
恋愛
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 応援お気に入り登録お願いします。 双子は畜生腹として殺される世界で双子の妹に生まれた公爵令嬢サーラは、乳母の機転で姉の予備として地下牢で棄て育てされる事になった。父母によって暗く蟲の這いずるジメジメした地下牢に閉じ込められたサーㇻの救いは乳母と姉だけだったが、姉が惨殺されてしまった。サーㇻの復讐の生活が始まった。

【完結】私のことを愛さないと仰ったはずなのに 〜家族に虐げれ、妹のワガママで婚約破棄をされた令嬢は、新しい婚約者に溺愛される〜

ゆうき@初書籍化作品発売中
恋愛
とある子爵家の長女であるエルミーユは、家長の父と使用人の母から生まれたことと、常人離れした記憶力を持っているせいで、幼い頃から家族に嫌われ、酷い暴言を言われたり、酷い扱いをされる生活を送っていた。 エルミーユには、十歳の時に決められた婚約者がおり、十八歳になったら家を出て嫁ぐことが決められていた。 地獄のような家を出るために、なにをされても気丈に振舞う生活を送り続け、無事に十八歳を迎える。 しかし、まだ婚約者がおらず、エルミーユだけ結婚するのが面白くないと思った、ワガママな異母妹の策略で騙されてしまった婚約者に、婚約破棄を突き付けられてしまう。 突然結婚の話が無くなり、落胆するエルミーユは、とあるパーティーで伯爵家の若き家長、ブラハルトと出会う。 社交界では彼の恐ろしい噂が流れており、彼は孤立してしまっていたが、少し話をしたエルミーユは、彼が噂のような恐ろしい人ではないと気づき、一緒にいてとても居心地が良いと感じる。 そんなブラハルトと、互いの結婚事情について話した後、互いに利益があるから、婚約しようと持ち出される。 喜んで婚約を受けるエルミーユに、ブラハルトは思わぬことを口にした。それは、エルミーユのことは愛さないというものだった。 それでも全然構わないと思い、ブラハルトとの生活が始まったが、愛さないという話だったのに、なぜか溺愛されてしまい……? ⭐︎全56話、最終話まで予約投稿済みです。小説家になろう様にも投稿しております。2/16女性HOTランキング1位ありがとうございます!⭐︎

GROUND ZERO 〜特級スキル『パーフェクト・コピー』を持つ訓練生は、氷雪系最強の血筋、フローレン家の名を受け継ぐ暗殺家一家の御曹司〜

平木明日香
ファンタジー
世界には四つの大陸があり、それぞれの大陸において【シスエレメント】と呼ばれる巨大な魔鉱石が存在していた。 北の大陸には青のシスエレメント。 東には赤。 西には黄色。 そして、南には緑が。 世界は四つのシスエレメントによって均衡が保たれており、それは数千年もの間、【世界の秩序】として言い伝えられ、世界に於ける「天理」として、人々の教えの中に守られ続けてきた。 かつていくつかの戦争があったが、それは大陸間戦争の記録として今日の文献に残っており、それぞれの国の領土を広げるために起こった“人間同士の戦い”であったと伝えられている。 北の大陸、コルリウス 東の大陸、イーフリート 西の大陸、グレートウォール 南の大陸、ディアボロス それぞれがぞれぞれの大陸において独自の生態系を築き、四つのシスエレメントが持つ魔力の恩恵を受けながら、豊かな暮らしと裕福な歴史を送ってきた。 創始暦2101年。 人間たちは自らの住む大陸を守るべく、それぞれのシスエレメントの恩寵にまつわる“魔法軍事帝国”を築き上げてきた。 かつての大陸間戦争は、四つのシスエレメントを巡る戦いであった。 しかし未だ大陸を超えてシスエレメントの領域が侵された歴史はなく、四つの大陸に拠点を置く国々は平和を保ち続けられてきたと言える。 東の大陸、イーフリートの中心にある軍事国家、ガルバディアの傭兵養成学校は、優れた魔法生を育成するべく、「バトルロード」と呼ばれる”傭兵訓練システム“を構築していた。 世は戦乱の時代だった イーフリートに隣接する大陸、ディアボロスを支配する“グラシアル聖国”が、各大陸への宣戦布告を実施したのだ。 彼らは長年研究を続けてきた科学技術によって、『人工魔鉱石』という黒色のシスエレメントを生み出し、“ブラックタール”と呼ばれる魔導兵士を数多く製造していた。 ブラックタールは本来の人間の能力を大きく超える代わりに、理性を失い、異形の怪物へと変化することが明らかになっていた。 そして、最も特筆すべきは、ブラックタールはあらゆるシスエレメントを取り込むことができる“変異細胞”を持っているという点だった。 グラシアル聖国はこの特性を利用し、各大陸にある3つのシスエレメントを奪おうと、それら”兵器”を送り込むことを画策するが…

処理中です...