こまぎのまち奇譚 ~静と不思議ななかまたち~

見えないものが見えてしまう静は都会での暮らしになじめず、駒木町(こまぎのまち)にある祖母の実家に預けられる。祖母は山の中にあるお寺、宝瑞寺に勤めていた。寺の中には不思議なものがいるものの、静を怖がらせるものはなく、静にとって安心できる場所となっていた。ある日、山の中で拾った厨子の中に入っていたハナちゃんと友達になった静は、彼らと宝瑞寺の神々の助けを得て、次第に周りの人に心を開いていくようになり、そこで、様々な人と巡り合い、不思議を体験していくお話です。

誤字脱字等、お許しください。ちょこちょこ修正していく予定です。
24hポイント 0pt
小説 57,230 位 / 57,230件 キャラ文芸 1,356 位 / 1,356件