庶民から貴族になったけど、聖女になんてなりません!

生まれたばかりの庶民の子と貴族の子を入れ替えたのは妖精だった。彼らにとって、それはただのイタズラ。でも入れ替えられた子供たちにとっては一生を左右される出来事だった。
14歳の時に自分が貴族の娘だと知ったアネットは、庶民の家族を捨てて貴族になる事、を選んだ。それが誰にとっても良いことだと思ったから。
アネットは知らなかったのだ。貴族の結婚は親が決めるものであり、外出さえ自由にできないということを。

※この小説は『貴族から庶民になったので、婚約を解消されました!』のサイドストーリーです。
24hポイント 21pt
小説 19,544 位 / 125,823件 恋愛 8,084 位 / 36,035件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

貴方が側妃を望んだのです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:340219pt お気に入り:5901

殿下、私たちはもう終わったんですよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:33435pt お気に入り:7290

あなたが今後手にするのは全て私が屑籠に捨てるものです【完結保証】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:125905pt お気に入り:5094

守るべきモノ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:256pt お気に入り:9