白銀の超越者 ~彼女が伝説になるまで~

とある寂れた裏町で、一人の赤子が産まれた。その赤子は右手に虹色の宝石が埋め込まれていたという。母親は、赤子の行く末を視てこうつぶやいた。

「あぁ……なんて苦難に満ちた人生なんだろう」




6年後、母を失い、父の冷遇によって人への感情を凍結させた少女は、ユグドラシルの名を持って南の公爵家に養子に入る。そこでユグドラシルは自分と似た境遇の少年少女たちと出会う。彼らとの出会いを通じて、ユグドラシルの心に人間らしい感情が戻っていく。

多くのことを経験し、ユグドラシルは人として成長していく。やがて国を巻き込んだ大きな動乱の時、この国に新たな伝説が刻まれる。
24hポイント 0pt
小説 84,828 位 / 84,828件 ファンタジー 24,571 位 / 24,571件