六芒星の奇跡

世の中にはびこる社会病理。
いじめ、不登校……
暗闇の中で
もがいて必死に出口を探している―――


私、はるかは、まだ朝の早い時間。
海岸線の砂浜を、一人でもくもくと掃除をすることが日課だった。
誰かの、何かの役に立ちたかった。

その手首には、古い傷痕。
心にどれほどの闇を抱えているのか。

そんな時。
朝もやの立ちこめる砂浜に一人の男がやってきた。
「おはよう」
「ごみ拾い朝からご苦労様ですね」

突然、声をかけられて戸惑うはるかは……

二人の出逢いの奇跡を描きました。
(他アプリで公開していた作品になりますが
そちらは削除済みになります)
24hポイント 0pt
小説 96,721 位 / 96,721件 恋愛 26,737 位 / 26,737件