星に願いを

毎日をただ流れるように過ごしていく主人公 松下 信(まつした のぶ)
志望していた高校に合格をした日に両親が事故で他界する。
親族が集まり信の今後について話し合われた。医者である叔父に養子として引き取られそうになるが、信は母の死を嘆くこともなく自分のことばかり考える叔父を拒絶する。しかし他の親戚は信の面倒を見る余裕もなく嫌がる信を助けようとしない。
そんなところに信の祖母である 吉崎 花(よしざき はな)が手を差し伸べる。
24hポイント 0pt
小説 42,937 位 / 42,937件 青春 2,349 位 / 2,349件