今日も野草シェフは大変です

「お菓子が無ぁぁぁぁいぃぃいいいいいいいい!」
 またこの発作か、と、教室のクラスメイトたちはもう慣れたもので。
 ノエルちゃんがこの加瀬小学校に転校してきて、二週間になる。
 確かに加瀬という地域はコンビニは勿論のこと、スーパーと呼べる場所も自動車で30分先にしかなく、とても不便な山の村だけども、そろそろ慣れてほしいと思うところもあって。
「何も無い! 何も無い! お腹すいたぁぁぁあああ!」
 そんな叫び散らしたほうがよりお腹がすくんじゃないかなと思うが、きっとノエルちゃんが今までいたところは、こうやって声を上げれば、誰か助けてくれるところだったんだろう。
「もう嫌だ! つらいよぉぉおおおおおおおおおお!」
 今にも泣き出しそうなノエルちゃん。
 ただ小学五年生にもなって、お腹がすきそうで泣き出すってどうなんだろう。
 でも僕はそんなノエルちゃんのことを助けたいと思った。
 そして僕は僕の師匠である紗英と共にとある行動を移した。
 それはノエルちゃんに野草で料理を作ってあげることだった。
 そのことを勇気出して提案すると、ノエルちゃんも喜んでくれて、それから放課後は紗英と一緒に野草を摘み、朝早く登校してきて料理の下準備をするようになった。
24hポイント 0pt
小説 110,900 位 / 110,900件 ライト文芸 4,822 位 / 4,822件