安楽椅子から立ち上がれ

 女生徒≪小沢さん≫は、学校の不思議な変わり者。あらゆる行動が常識外れでエキセントリックなお方である。
 五月三十日。主人公、山田島辰吉(やまだじまたつよし)は不運なことに、学校の課外活動を彼女と二人きりで行うことになってしまった。噂に違わぬ摩訶不思議な行動に面食らう山田島であったが、次第に心が変化していく。
 
 人に理解され、人を理解するとはどういうことなのか。思い込みや偏見は、心の深淵へ踏み込む足の障害となる。すべてを捨てなければ、湧き上がったこの謎は解けはしない。

 始まりは≪一本の傘≫。人の心の糸を紡ぎ、そして安らかにほどいていく。
 これは人が死なないミステリー。しかし、日常の中に潜む謎はときとして非常に残酷なのである。
 
 その一歩を踏み出せ。山田島は背を預けていた『安楽椅子』から、いま立ち上がる。
24hポイント 7pt
小説 6,986 位 / 24,560件 ミステリー 47 位 / 709件