アメジストの呪いに恋い焦がれ~きみに恋した本当の理由~

 ひとを恐れて生きてきた。誰とも関わらず、傷つけないように、そして傷つかないように。
 
 僕には呪われた瞳がある。忌々しくも美しい紫色の瞳。ある魔女によってかけられたその呪いは魔女が死ぬまで解けることがない。
 
 その瞳には見た者を魅了し、理性を吹き飛ばしてしまう恐ろしい魔力がある。
 その呪いによって僕は図らずも三日に一度、必ず「呪いによる代償」を得なければ生きていけない体になってしまった。
 
 けれどなれの果てに赴いたスタローン王国で僕は出会う。
 呪いを恐れず僕という人間と真っ向から向き合ってくれるひと。
 地獄のような日常から僕に救いの手を伸ばしてくれたひと。
 そのひとのために僕には何ができるのだろう。
 
 犯罪が渦巻く地下街でそんなアレクを救ったのは警備隊長マーリナスだった。
 傷つき悲しむアレクに心を痛めたマーリナスは呪いを解く術を模索するが、ことは思いもよらない方向に進んでいく。
 
 
 *出だしはダークですが、切なくも甘い展開が徐々に増えていきます。
 *性的描写は少ないです。

 *この作品の見所のひとつは、自分の推しで色んなcpを妄想して楽しめるところだと思っています。アレクやマーリナスだけではなく、ぜひ自分の推しをみつけて小説ならではの楽しみを見つけて下さい。


*最後はどんでん返しのハッピーエンドです。もし気に入って頂けたら「お気に入り」にチェックしてね。

※基本土曜日更新です。
24hポイント 28pt
小説 22,660 位 / 140,247件 BL 4,817 位 / 15,868件