ジロワ 反撃の系譜 外典~マイエンヌ卿滞在記~

「必殺! 乙女の純情、受け止めな!」「受けたら死ぬわ!」

 メーヌ伯エルベールとベレーム卿の戦いにおいて、『不幸な事故により』クルスロー卿ジロワの捕虜となったマイエンヌ卿アモン。

 抑留のため、クルスロー領へと伴われたアモンは、その地でクセの強い住人たちと交流する。

 ジロワとル・グロ、オルウェン、マルコ、ワセリンらの出会いが語られ、明らかとなる真の領地最強とは果たして誰のことか? (過剰包装あり)

※本編第10話の時点での挿話です。先に本編第一章をお読みいただいた方がよろしいかと存じます。

※旧本編第11~19話を、本編から分離したもので、内容的に大筋の変更はございません。若干の改稿とプロローグ・エピローグの追加を行っています。

※「アルファポリス」様、「小説家になろう」様、「カクヨム」様、「pixiv」様、重複投稿になります。
24hポイント 0pt
小説 120,446 位 / 120,446件 歴史・時代 1,394 位 / 1,394件