俺を襲ったのは優等生だった

四月に高校生になった宮村裕二はある日購買の帰りに何気なく屋上に向かった。屋上には誰もおらず、街の風景だけが一望出来た。友達と昼を共にする約束をしていた裕二が扉に向かおうとするとその付近に倒れている人を見かける。近くとそれは入学式の際に見た優等生だった。
24hポイント 0pt
小説 99,267 位 / 99,267件 恋愛 27,589 位 / 27,589件